メニュー

閉塞性動脈硬化症

この病気は 動脈硬化にもとを発し、下肢の血管の内腔が徐々に狭くなって
血流が低下することで 症状がおこります。典型的な症状は 間欠性跛行で歩き始めはよいのですが、ある距離まで来ると 足が重く、前に進まなくなります。ところが しばらく休むとまた歩けるようになります。年を経ていくと
血流、関節、筋力、神経などの症状が絡み合ってきます。でも安全に歩けるように治療したいと思います。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME