メニュー

診療のご案内

ご挨拶

障害や継続治療の中で望まれる生活が出来るよう介護や看護についての相談もうけながら、いろいろな職種と 連携や共同して外来から在宅まで全体的に診るかかりつけ医を目指します。

院長 前田雅道

ハートランド らいふ クリニックの機能

  1. 一般通常外来
  2. 施設入所の方々のかかりつけ医
  3. 訪問診療
  4. 看取り
  5. 運動支援、歩く外来
  6. 食事支援
  7. 家族全員のかかりつけ医
  8. 社会参加への支援
  9. 障がい者スポーツ外来
  10. English available 英語での診察可能

一般外来、訪問診療では

  • 一般内科疾患創傷処置
  • 脳血管障害
  • 慢性心不全
  • 閉塞性動脈硬化症
  • 深部静脈血栓症
  • 褥瘡
  • 気管切開後
  • 胃ろう造設後
  • 中心静脈栄養管理
  • ペースメーカー管理
  • 各部位の痛み
  • むくみ
  • 予防接種
  • 特定検診

最近、患者様の高齢化もあり独りで通院が困難になられています。また高齢者の一人暮らしや二人暮らしが増加、薬がちゃんと服用できなくなったり、食生活がおろそかになったり、生活のリズムの乱れなどで社会参加が減り、自分らしく生活できなくなってしまった、維持が困難なケースを目にします。これらの後に体調の悪化をきたされると 診断がついてもなかなか治癒や病気のコントロールが難しくなります。私たちのクリニックではその方らしく生活が継続できるよう種々の職種と連携してケアと医療を提供できるよう努めます。

でも体調が不良になったら、

こまめに体調の情報は他の職種からも情報をいただきながら、対処します。できるだけ入院にならないよう体調管理し、他方ではその可能性も考慮し、入院先、状況を前もって設定します。高令者慢性疾患での救急はないよう努めます。訪問診療では退院時カンファレンスに参加し、入院時の医療スタッフとの顔のみえる関係つくりから、在宅生活に必要な十分な情報を得ながら多職種と協働して医療サービスを提供します。

 

多職種として

  • 訪問看護ステーション
  • あんしんすこやかセンター
  • 地域医療連携室
  • 居宅支援事業所
  • ヘルプステーション
▲ ページのトップに戻る

Close

HOME